TOP > 犬と暮らす > 室内で飼うときのポイント

室内で飼うときのポイント

■■温度管理で神経質にならない

家の中で犬を飼う場合、温度管理はどうすればいいのでしょうか。実は犬種によって適温が異なるので、特に正解はありません。

犬種によっては換毛期という毛の生え変わる時期があって、換毛期のある犬種は冬になれば冬毛に、夏になれば夏毛になります。コーギーやレトリバーなどの、ダブルコートと呼ばれる下毛と上毛を持つ犬種には換毛期があります。

しかし、ヨークシャテリア、マルチーズ、プードルなどの硬い上毛のみのシングルコートと呼ばれる犬種は、季節が変わってもほとんど毛が生え変わらないため、適切な温度管理が必要になります。

犬は暑いときにはハアハアと舌を出して温度を調節します。なので、ハアハアとしなくなる程度が適温だといえます。

「夏は暑く、冬は寒いのが当然です。訓練をする必要はありませんが、基本的には自然な環境に犬を慣れさせましょう」

■■飼い主と同じ室内環境で大丈夫

夏は人が過ごしやすい温度と同じ程度にエアコンを設定してください。犬は暑さにあまり強くないので、熱中症には気をつけましょう。日当たりのよい直射日光の当たる場所には放置しないようにしてください。また、水もたっぷり飲めるように用意しておきましょう。

一方、冬や寒冷地で過ごす場合には、エアコンをつけたり、ホットカーペットを敷くようにしてください。

■■管理が楽な床材とは

たとえどんなにしっかりしつけをしても、犬と暮らしていると、トイレ以外の場所でおしっこをされたり、穴を掘るしぐさをされたりして、床が汚れたり、傷がついたりします。

「床材は確かに頭の痛い問題ですが、犬のスペースだけ専用のマットを敷いたり、台所などの汚されては困る場所は犬を立ち入り禁止にするなど、飼い主の対策次第で、人と犬がストレスなく過ごせるようになるはずです」

また、無垢材フローリングやカーペットなど、汚れがついてもすぐにふき取れる床材なら、手入れも楽になります。タイルの床もメンテナンスがとても楽ですし、一度温まると冷めにくいので暖房費を節約できます。最近では、クッション性のあるコルク材も人気があります。

フローリングの床の場合、滑り止めのワックスなどを塗布すれば、表面をコーティングできるだけでなく、犬が走っても滑らないので関節の病気や事故も防げます。

■■段差にも気をつけよう

犬は飼い主を追いかけて、階段を上ってきたりします。そのときに階段の途中で足を踏み外して、そのまま落下して骨折してしまうことがあります。

「犬の安全対策として、階段の踏み板の部分に滑り止めを貼り付けましょう。これなら簡単に対応できます。

また、階段の上り下りは、犬にとってとても足腰に負担がかかりますので、注意しましょう」

■■かみ癖はしっかり直す

子犬は乳歯が生え変わる時期には、歯がかゆくなったり、ものへの興味も強くなって、おもちゃだけではなく、人の手やスリッパなど、いろいろなものをかむようになります。

「この時期は子犬なので、かむ力はそれほどではありません。でも、かみ癖のあるままあごの力が強い成犬になったら、大変なことになってしまいます。

かんではいけないものをかんだ場合は絶対に許してはいけません。特に大型犬を飼うなら、かみ癖はしっかり直してください」

かみ癖は子犬のときからしっかりと区別をつけさせましょう。人の手など、かんではいけないものをかんだときには、すぐに怒りましょう。怒るときはたたいたりしないで、犬の目を見て大きな声で「だめ!」と一言で叱りましょう。

かむのをやめたら、にっこりとやさしくほめてあげましょう。犬は遊んでいるつもりかもしれませんが、ボスである飼い主に怒られたり、ほめられたりすることで、「人の手はかんではいけない」「かまなければボスがやさしくしてくれる」と学んでいきます。

● 人のものをおもちゃにさせない

犬にかまれて、ボロボロになってしまった靴下やスリッパを、「もう使えないからおもちゃにしていいよ」と、犬にあげるのはやめましょう。

「犬は与えられることで『靴下・スリッパ=おもちゃ』と、間違って覚えてしまいます。そうすると、新しくスリッパを買ってきたときにも、犬はかんでいいおもちゃだと思いこんでしまいます。人が使っているものを犬に与えてはいけません」

● 電気コードはとても危険

家の中で犬を飼う場合、最も気をつけなければならないのは、電気コードをかんで感電することです。そのためにもかみ癖はしっかり直しましょう。

また、灯油ヒーターやファンヒーターは、犬が近づきすぎると毛が焦げてしまうことがあります。犬のいるスペースの暖房機には、オイルヒーターなどがよいでしょう。

● 食べられない観葉植物には注意

観葉植物には、食べてはいけないものがたくさんあります。アサガオ、シクラメン、アイビー、クリスマスローズ、スズラン、チューリップなどを食べると、下痢、嘔吐、胃腸障害を起こしたり、中枢神経や心臓が麻痺して命にかかわることもあります。

「犬がいるからといって、観葉植物の種類まで厳選する必要はありませんが、飼い主として、食べると危険な観葉植物もたくさんあることは知っておいてください」

最新ニュース
Life style
Copyright(c)Life style.All Rights