TOP > 犬と暮らす > 犬とのコミュニケーション > 犬のしつけ

犬のしつけ

■■なぜしつけが必要なのか

人と犬が一緒に生活するためには、犬を人の社会のルールにしたがわせる必要があります。飼い主や犬の安全を守ることはもちろん、まわりの人たちの安全を守るためにも欠かせません。犬にしつけをするのは飼い主の義務なのです。

「飼い主が犬にしつけをできていれば、犬はどんな状況でも飼い主の命令を理解します。人と犬が安全で快適に過ごすためにもしつけは必要です」

■■芸を教えるのはしつけの後で

犬には、トイレの場所やハウスのしかたなどの日常的な行為と、むだ吠えや飛びつきなどの禁止行為を一番に覚えさせます。「お手」や「チンチン」などの芸は基本的なしつけが終わってから教えましょう。

「基本的なしつけを教える過程で飼い主と犬との信頼関係が増して、その距離感は一気に近くなるはずです。

また、犬を飼っている人自身が原因で問題を起こして社会と共存できなくならないように、飼い主もマナーを身につけましょう」

遊びやスキンシップでのストレス発散などを通じて飼い主が犬をリードすることで、信頼関係やボスとしての主従関係を築くことも、しつけの重大な要素のひとつです。遊びの時間も大切にしましょう。

■■体罰ではふてくされるだけ

過去には、犬が悪いことをしたら、体罰を与えることで服従させる方法が主流の時代もありました。しかし、犬は学習ができるので、何度も繰り返し教えることで命令を理解できるようになります。

「時間はかかるかもしれませんが、あせらないで根気よく教えましょう。そうすれば、犬との信頼関係をこわさないまま、しつけをすることができます」

■■ほめれば意欲がわいてくる

命令を覚えようと一所懸命がんばっている犬に痛い思いをさせれば、犬だっておもしろくありません。体罰によって学習意欲が低くなって、もっと問題行動がひどくなってしまうかもしれません。

「飼い主にとって好ましい行動をしたときには、思いきりほめてあげてください。そうすれば『うまくできればやさしくされる』と理解して、犬も学ぼうとする意欲がわいてきます」

■■大切なのはアイコンタクトとご褒美

「ほめられて育てられると、生き生きとした明るい犬に育ちます。ほめられたことを理解させるには、タイミングとほめかたがポイントになります」

学習をすればご褒美がもらえると意識させることで、犬の学習意欲が高くなります。命令に上手にしたがえたときだけご褒美を与えれば、もっと効果があります。

アイコンタクトによって、犬は飼い主に集中して、次の指示の声にしたがう習慣が身につきます。アイコンタクトで飼い主に意識を集中させて、命令どおりに行動できたときにはご褒美を与えましょう。これを繰り返すことで、犬は意欲を持ちながらしつけを覚えるのです。

● 叱るときもしっかり目を見る

犬がいたずらや拾い食いなど禁止していることをしたら、その場で心を鬼にして強く叱ります。決してたたいたりしないで、目を見て心から叱りましょう。そのときに犬をひっくり返して叱ると、さらに効果的です。

● ほめるが8割、叱るが2割で

犬のしつけでは、どうしてもほめる回数より、叱る回数のほうが多くなってしまいがちです。特に犬との関係がうまくいっていなかったり、しつけの覚えが悪いと、叱る回数が増えてしまいます。

「犬にとってはほめられることが最高のご褒美ですので、とにかくほめましょう。そして、叱るときはスパッと強く叱ります。ねちねちしないでサッパリと対応することが大切です」

ほめる8割、叱る2割が理想的ですが、はじめはほめる6割、叱る4割でもよいでしょう。次第に犬が飼い主の気持ちを察知するようになって、叱ることも少なくなるはずです。

■■しつけに関する素朴な疑問

「ワンライフの達人」の中でしつけに関する情報がのっているページを紹介します。しつけに関するそれぞれの内容について、くわしく解説していますので、自分が悩んでいる項目のページをぜひ読んでみてください。

● 人と同じは大きな間違い

犬がかわいいからといって、人と食事を直接わけ与えていると犬がわがままになってしまいます。犬は一度でも人の食事を直接与えられると、毎回おねだりをするようになります。

● 強いものから食事がルール

犬に食事を与えるときには人より後にしましょう。また、かならずハウスで与えることも大切です。飼い主がボスであるというルールをしっかり守らせることが必要です。

● 犬の催促にあわせない

犬が食事や遊びを求めてきても、そのまましたがわないで一度落ち着かせましょう。何をするにしても、あくまでも人が指示をすることで、ボスが誰なのかを認識させましょう。

● しつけに欠かせないおやつ

おやつを「よいことをしたら与えるもの」と定義しましょう。しつけを守るとおやつがもらえることを犬が学ぶことで、人にとっても、犬にとっても、おやつがハッピーなものになります。

● 食糞の直しかた

犬にとっては自然な行為でも、人にとっては不快な行為であり、衛生的にも問題のある食糞。散歩の時間をのばして、運動をさせて、ストレスを解消することが解決する方法のひとつです。

● おしっこの回数はさまざま

しつけで一番はじめに苦労をするトイレのしつけ。子犬のおしっこの間隔には規則性がありますので、これを覚えておけばトイレのしつけをするときの参考になります。

● けんかを防ぐには

複数で飼っている犬同士がけんかをするときには、どちらの犬も平等に扱って、あくまでも「ボスである飼い主が群れを統率している」ことを納得させましょう。

● かみ癖はしっかり直す

かみ癖のあるまま成犬になってしまったら大変なことになります。かんではいけないものをかんだ場合は絶対に許してはいけません。特に大型犬を飼うなら、かみ癖はしっかり直してください。

● 人のものをおもちゃにしない

犬にかまれてボロボロになった靴下やスリッパを、そのまま、おもちゃとして与えないでください。犬がかんでいいおもちゃだと間違って覚えてしまう可能性があります。

● 何を選ぶかよりどうしつけるか

さまざまなトイレグッズの中から効果的なものを選ぶより、子犬のときにしっかりトイレのしつけをするようにしましょう。しつけができていないと、どのグッズを使ってもむだになってしまいます。

最新ニュース
Life style
Copyright(c)Life style.All Rights