TOP > 犬の体調管理

犬の体調管理

■■病気のサインに気づけるようにしておこう

犬は自分から病院へ行くことができません。飼い主が病気のサインに気がついて、できるだけ早く治療を行う必要があります。ワンライフを悲しいものにしないためにも、犬の病気については一通り理解しておいてください。

病気を予防するだけでなく、人と快適に暮らすためにも、シャンプーやカット、肥満防止などのケアは欠かせません。また、体温や脈の測りかたを覚えておけば、異常にも気がつきやすくなります。

避妊や去勢については飼い主の考えかたが一番大切です。正しい知識を身につけた上で判断をしてください

● 犬は痛みを我慢する動物

犬は言葉が話せないので、飼い主がウンチやおしっこ、態度などを見て犬の出す病気のサインに気がつく必要があります。犬は痛みをがまんするので、どんな小さなサインでも見落とさないようにしましょう。

● 人と快適に過ごすために

においや毛のツヤ、肥満など、飼い主が気をつけるだけで、改善できることは多いものです。しっかり注意をしていれば、病気を予防することもできます。

● シャンプーは健康面でも効果的

シャンプーやカットは、犬の外見がきれいになるだけでなく、衛生や健康の面でも効果的です。犬の体温や脈の測りかたを覚えておけば、早めに異常を発見することができます。

● 治療のためには早期発見

遺伝病や先天性の奇形をはじめ、皮膚病、寄生虫など、犬もさまざまな病気にかかります。治療するためには早期の発見が一番大切なので、一通りの知識は持っておきましょう。

■ 避妊、去勢手術はするべき?

犬にとっても出産は一大事です。交配相手の決めかたや、ヒート(生理)時のメスの対応にも注意が必要です。避妊、去勢手術をするかどうかは、飼い主がよく考えて判断しましょう。

最新ニュース
Life style
Copyright(c)Life style.All Rights