TOP > 犬の体調管理 > 健康かどうかのメディカルチェック > 健康を維持するためのケア

健康を維持するためのケア

■■シャンプーで清潔に

人と一緒に暮らすなら、犬にも衛生面、健康面での管理が必要です。最近は室内で犬を飼う家庭がほとんどですが、外に散歩に出かけたときの汚れを犬はそのままからだにつけて帰ってきてしまいます。

「そのまま放っておくと、独特のにおいを発するようになって、フケも出てきます。衛生的にも好ましくないので、定期的にシャンプーをして、しっかり汚れを落としましょう」

シャンプーに慣れていない子犬の場合には、シャンプーが嫌いにならないように、シャンプーの後にごほうびとしておやつを与えてみましょう。何回も繰り返しているうちに、シャンプーの時間を好きになってくれるはずです。もし、どうしても自信がないなら、プロのトリマーにお願いしてもよいでしょう。

また、犬も年をとってくると体力がなくなりますので、老犬をシャンプーするときには、短時間ですませるようにしましょう。

● シャンプーするときの注意

愛犬に清潔でいてほしいからといっても、シャンプーの回数が多すぎると、逆効果になります。犬の皮膚は毛のツヤを保つために薄い脂でおおわれています。シャンプーをしすぎると、この脂がなくなってしまうので、皮膚が乾いて大量のフケがでてきてしまいます。

「シャンプーは週2回までにしましょう。また、フケ症の犬には、シャンプーの後に保湿剤を使うと、フケを抑えることができます」

シャンプーをするときには、シャンプーやリンスをしっかりと洗い流すようにしましょう。少しでも皮膚に残っていると、湿疹の原因になります。最後のすすぎは念入りに行ってください。

■■長毛犬種は定期的にカットを

毛の長い犬種は定期的なカットも必要です。夏の暑い時期や、皮膚にトラブルのある犬、毛玉ができやすい犬などは、毛を短くしておくと、手入れが簡単になります。

「1~2ヶ月に1回のペースでカットをすれば、常に毛の短い状態をキープすることができます。また、目の周りや、足の裏の毛は伸びるのが早いので、こまめにカットをすることで、ケガや病気を防ぎましょう」

■■体温確認で異変をチェック

愛犬の平均的な体温を知っておけば、異変があったときに体温で健康かどうかを確認することができます。犬の体温は、肛門に体温計を入れて直腸温で測るのが一般的です。

「体温計の測りかたですが、犬の尻尾を持ち上げて、体温計の温感部分がしっかりかくれるまで、ゆっくりと肛門に差しこみます。

体温計がスムーズに入らない場合は、体温計の先に油滑剤(ベビーオイル、食用油でも可)をぬると差しこみやすくなります」

● 犬の平熱は人より高い

人の平熱は平均すると36度台ですが、犬の平熱はそれより2度くらい高い38~39度です。興奮したり、夏の暑い時期になると、40度以上になることもあります。

「動物の体温と運動量には深い関係があって、運動量が多く、エネルギーをたくさん使う動物ほど体温が高くなります。もともと野生動物だった犬は、人よりも運動量が多かったので、体温が人より高いのです」

ちなみに体温が40度以上ないと、鳥は空を飛ぶことができないそうです。その証拠にニワトリとペンギンの体温は、それぞれ39度と38度しかありません。

■■犬の脈の測りかた

人と同じように、犬も体調が悪くなると脈拍数が上がります。体調の不良を見つけるためには、平常時の脈拍数を測っておく必要がありますが、動物病院では犬も緊張や興奮をするので、なかなか平常時の数値を測ることはできません。

飼い主が脈拍数の測りかたをしっかり覚えて、自宅で愛犬が落ち着いた状態のときに定期的に脈拍数を測る習慣をつけましょう。

「脈の測りかたですが、犬を落ち着かせてから後ろ足のつけ根の股動脈に軽く手を当てて、1分間の脈を数えます。2、3分測って平均値を出すと、正確な数値を測ることができます」

犬の脈拍数は、成犬で1分間に70~120回程度です。子犬の脈拍数は成犬より高くなります。

■■比較的多い犬の心疾患

心疾患にかかる犬は比較的多く、先天性、後天性両方のケースがありますが、ほとんどが進行性の心疾患になります。

「脈拍数に異常があったり、かすれたような咳をしている場合、症状が出ている時点でかなり病気が進んでいる場合が多いので、すぐに動物病院に連れて行って、獣医さんに相談してください」

たとえ心疾患と診断されたとしても、飼い主が落ち着かないでいると犬にもその動揺が伝わってしまいます。犬を興奮させないようにして、激しい運動はひかえて、安静に飼育するようにしましょう。

● ワクチンは必ず受ける

平成18年6月に改正された「動物の愛護及び管理に関する法律」(以下「動愛法」には、ワクチンや狂犬病予防注射の接種を飼い主に義務付けています。

日本では1956年以来、人、犬ともに狂犬病は発生していません。その安心感もあってか予防ワクチンの接種率が残念ながら年々低下しています。2006年の接種率は、WHO(世界保健機関:http://www.who.or.jp/indexj.html)が「狂犬病の流行を防ぐために必要と定めているガイドライン」の70%をはるかに下回る39%でした。

狂犬病は病原菌を持っている動物にかまれることで感染します。日本では毎年、約6,000件もの咬傷事故が報告されていて、狂犬病に感染した動物が日本に持ちこまれてしまえば、広く感染してしまう可能性も否定はできません。

「人と犬の健康を守るために、ワクチンや狂犬病予防注射は毎年きちんと接種してください。それが飼い主の義務です」

最新ニュース
Life style
Copyright(c)Life style.All Rights