TOP > 犬の飼い方

犬の飼い方

■■ワンライフをはじめる前に

ワンライフをはじめるまえに、犬について知っておいてほしいことがあります。

「一番はじめに人に飼われた動物である犬には、人の役に立つように牧畜犬・番犬・狩猟犬・愛玩犬など数多くの犬種がつくられてきました。

そんな犬を飼うには、そのための心と道具の準備をするとともに、犬の生涯でかかる費用についてもしっかり認識しておく必要があります。

また、犬を手に入れるときには、勢いで買ってしまわないで、血統書や親犬を見てじっくり検討するようにしましょう」

● ボスには絶対服従

犬は動物の中でもっとも古くから人に飼われてきました。オオカミを祖先に持っている犬は、人の100万倍も嗅覚がすぐれています。かつて群れで生活していたため、ボスには絶対服従する特性を持っています。

● 犬の種類は100を越える

牧畜・警護・狩り・愛玩など、さまざまな目的に役立てるために人は犬種をつくってきました。現在では目的別に10のグループに分類された187もの犬種があります。和犬と呼ばれる日本古来の犬種もいます。

● 家族で世話の分担を決めておこう

犬と共に暮らす前にするべきことはたくさんあります。家族で世話の分担を決めておくのはもちろん、居場所をつくって道具もそろえましょう。後でトラブルにならないように、近所にもきちんとあいさつをしてください。

● 生まれつき凶暴な犬などいない!

映画になって人々を感動させた犬たちがいます。飼い主が本気で向かい合いさえすれば、すべての犬は忠犬になることができます。生まれつき凶暴な犬はいないのです。

●「犬の保険」もある

犬を育てるのにもお金がかかります。犬を生涯飼う費用は何百万という金額になります。医療費など万が一のときの出費も、保険や積立貯金で用意しておく必要があります。

● 役所への届け出を忘れずに

ペットショップやブリーダーから購入するのが、一般的な犬の手に入れかたです。子犬を選ぶときには血統書がとても役に立ちます。また、犬を飼いはじめたらしっかりと役所に届け出をしましょう。

最新ニュース
Life style
Copyright(c)Life style.All Rights