TOP > 犬の飼い方 > 犬を飼う費用

犬を飼う費用

■■犬を育てるのもお金がかかる

犬を育てるには費用がかかります。

飼いはじめたときには、子犬の購入代・生活用品代・ワクチン代・登録料などが必要になります。

その後も毎月のドッグフードや、トイレシーツなどの費用はもちろん、毎年、混合ワクチンや狂犬病ワクチンを接種する費用もかかります。

さらに、毎年、春から秋までフィラリアやノミ・ダニ予防の薬も忘れてはいけません。飼い主が旅行に行くときに預けるためのペットホテル代など、臨時にかかる費用もあります。

「基本的には、犬が成長して大きくなるほどドッグフードや用品を使う量も増えて、出費も多くなっていきます。しっかりとその点を頭に入れておきましょう」

■■生涯にかかる費用はいくら?

犬を飼うのには、生涯で100万単位の費用がかかることになります。

「犬を生涯、飼い続けるためにかかる費用は、小型犬なら300万円、大型犬なら450万円程度と、一般的にいわれています。病気などの急な出費に備えるための貯金も用意しておきましょう」

● 犬にかかる費用の目安

犬にかかる費用目安

● トリミングの費用は人より高いことも?

長毛犬種では毎月のトリミングが必要になります。料金は地域やお店によってばらつきがあるようですが、平均は5,000円程度のようです(特殊な毛のプードルや、毛の量が多いコッカー種はもっと高くなります)。よって、犬種によっては年間6万円程度も美容費が必要になります。

● ホテル代も必要な費用

以前は家族で旅行に出かけるときには、知り合いに犬の世話をお願いすることがほとんどしたが、最近ではペットホテルを利用する人も増えてきました。

ホテルごとに料金の設定はまちまちですが、一般的に大型犬と小型犬で料金に差がついています。仕事や旅行などで家を空ける機会の多い家庭では、ホテル代も費用として考えておきましょう。

■■万が一のときの出費に備えよう

犬も生き物なので、生活習慣が原因で慢性の病気になったり、事故でケガをして、医療費がかかることがあります。このような場合、医療費が高額になってしまうケースも多く、出費がかさむことになります。

「最近では、犬が若くて健康なときからペット保険に加入する人も増えているようです。たとえ保険に加入しないとしても、もしものときのために『ワンちゃん貯金』を積み立てる人も多いですね」

● 犬も保険に加入する時代に

急激なペットブームの影響もあって、日本でもペットのための保険会社が増えてきました。ペット保険はその保障の種類によって大きく3のタイプに分けることができます。

・定率保障タイプ
実際にかかった保障費用に対して、あらかじめ選択しておいた保障率によって給付額が決定されます。

・定額保障タイプ
ペットの治療費の金額にかかわらず、1回あたりの規定の補償額まで一律に給付されます。

・実額保障タイプ
規定の補償限度額いっぱいまで、実際にかかった治療費の全額が給付されます。

「保険の保障内容だけでなく、保険の掛け金についても、加入するときにはしっかり調べましょう。

犬の健康状態に応じて掛け金が見直されるもの、年齢が上がるごとに自動的に掛け金がアップするもの、加入時の掛け金がそのまま固定で続くものなど、掛け金にもさまざまなタイプがありますので、比較検討をして、自分にあった保険を選ぶようにしましょう」

「全国の動物病院で利用できる」、「ペットのしつけや健康についての相談にも対応する」など、多彩なサービスを取り揃えている保険会社もありますので、保険を選ぶときには、サービスにも注目しましょう。

● 保険に加入するときの注意

新規に保険に加入する場合、人と同じように犬にも加入に際して年齢をはじめとする制限があります。

加入頭数が294,000匹以上、提携動物病院4,000ヶ所という国内最大級の実績を誇る日本初のペット専門損害保険会社アニコム(http://www.ani-com.com/)の場合、補償開始日時点での犬の年齢が10歳11ヶ月と定められています。

「すでに特定の疾病に罹患している、または罹患している疑いのある場合にも、加入を断られる場合がありますので注意しましょう」

最新ニュース
Life style
Copyright(c)Life style.All Rights